NVIDIA社開催の「GTC 2020」に登壇。外観検査AI「Gemini eye for Jetson」を用いた製造業務向けエッジAIソリューションを紹介


GTC 2020

【概要】
NVIDIA社が2020年10月5日から9日までの5日間の日程で開催する「GTC 2020」に当社CTOの坂田 昌則が登壇します。「Unsupervised Visual Inspection on Edge Devices」(エッジ端末で動作する教師なし外観検査)と題し、外観検査AI「Gemini eye for Jetson」の製造業への適用事例を紹介します。


【セッションについて】
GTC 2020のセッションでは、以下の内容でプレゼンテーションを行います。ぜひご視聴ください。

1.なぜAI外観検査プロジェクトは失敗するのか
2.「Gemini eye」の紹介
3.「Gemini eye for Jetson」の紹介
4.「Gemini eye for Jetson」の実際の操作、検査デモンストレーション

こちらからセッションの詳細の確認、視聴スケジュールをおこなうことができます。

【Gemini eye for Jetsonについて】
Gemini eye for Jetsonは、独自開発の教師なし機械学習アルゴリズムを搭載した外観検査AI「Gemini eye」の拡張ソリューションです。不良品を集める必要がなく、数個の良品の学習からAIモデルを作成可能できるという特徴をそのままに、Jetson端末を用いてAI外観検査を行えます。
エッジ端末を用いた安価で利用しやすい外観検査ソリューションとして、2020年7月1日の発売以降製造業の皆様より好評を得ています。

■1日で設定完了。即日導入できる外観検査AI「Gemini eye」

外観検査AI Gemini eye

【GTC 2020とは】
NVIDIA社が2020年10月5日から9日までの5日間の日程で開催をする開発者向けの会議「GPU Technology Conference(GTC)」。AI、データ サイエンス、HPC、グラフィックス、ロボット、IoT、自動運転など、ディープラーニング分野における世界最大級のイベントです。北米、ヨーロッパ、イスラエル、インド、台湾、日本、韓国の7地域で個別7つの地域で個別のプログラムが配信され、同社の最新技術を紹介する他、ライブのセッションやオンデマンドの録画を含め、500を超えるセッションが行われます。