「OKI AIエッジパートナーシップ」に加盟


【概要】
当社は、沖電気工業株式会社(以下、OKI)が進めるAIエッジ領域のエコシステムに賛同し、AIエッジパートナーに加盟しました。
OKIの「AIエッジコンピューティング」の中核となるAE2100を始め、様々な製品とコラボレーションを行い、AIソリューションを提供してまいります。

AIエッジパートナー紹介HPにて、Gemini eyeシリーズの紹介をしております。
Gemini eyeは現在、Jetson端末でのみ動作対応しておりますが、インテル系アーキテクチャへの対応を進めております。
OKIのAIエッジコンピューター「AE2100」への対応も進め、21年上半期中に発売を予定しております。

 

 

 

 

詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.oki.com/jp/AIedge/partner/intro/proscons.html

【AIエッジパートナーシップについて】
AIエッジパートナーシップは、OKIが推進する、様々な分野のパートナー企業とのエコシステムです。
パートナー企業と共に、AIエッジ領域の市場拡大を図り、ビジネスチャンスの獲得とAIエッジコンピューターを活用したさまざまなソリューション創出を進めるパートナーシップです。

【AIエッジコンピューター「AE2100」について】
OKIの「AIエッジコンピューティング」の中核となるAE2100。ディープラーニングの推論環境を提供するインテル社のOpenVINO™ ツールキットとAIアクセラレーターである「インテル® Movidius™ Myriad™ X VPU」を搭載する、国内初のコンピューターアーキテクチャーを有しています。

 

AIエッジコンピューター「AE2100」

 

 

また、各種センサーを収容する豊富なインターフェースや、多様な通信方式に対応しており、LTEや無線LAN、920MHzマルチホップ帯無線「SmartHop」にも対応しています。今後5Gにも対応する予定です。

OKIはAE2100を中核に、より早く、より最適で価値のある解を提供できる「リアルタイム-インテリジェンス」で、お客様が抱えるさまざまな課題を解決していきます。

 

詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.oki.com/jp/AIedge/ae2100/