「第5回 AI・人工知能EXPO【春】」に出展。エッジ対応外観検査AI 「Gemini eye for Edge」他、Gemini eyeシリーズを展示。


この度当社は、4月7日(水)から4月9日(金)まで東京ビッグサイトで開催される、第5回 AI・人工知能EXPO【春】に出展します。

 

より汎用的に活用できるようリニューアル発売をした「Gemini eye for Edge」を中心に、マルチビュー判定や当社独自開発のGemini eye専用治具など、現場での活用のイメージができるようデモンストレーション豊富にGemini eyeシリーズの展示をいたします。

 

 

■1日で設定完了。即日導入できる外観検査AI「Gemini eye」

https://proscons.co.jp/geminieye/

 

【概要】

開催期間:4月7日(水)から4月9日(金)

開催場所:東京ビッグサイト 青海展示棟(東京都江東区青海1丁目2-33)

展示位置:4-18

出展製品:

・新商品「Gemini専用治具」そのまま製造ラインに使える組み立て式治具

・新商品「Gemini eye for Edge」コンパクトで高性能な端末で外観検査AI運用

・「Gemini eye」1日で設定完了即日導入できる教師なし外観検査AI

・「Gemini eye SV」教えた不良は見逃さない。高速・高精度外観検査AI

・「Gemini eye Integration」外観検査AIの決定版。教師あり&なし統合外観検査AI

参考出展:

・「Sagittarius」予知保全AI。メンテナンスの最適化で40%の保全コスト削減へ

・「Scorpio」高確度予測AI。高精度な予測モデルをスムーズに作成

・「Libra」計画最適化AI。攻めの計画最適化。人間の判断をAIが代替

 

【展示内容】

《Gemini eye専用治具》

Gemini eye向けに専用開発をした治具

「専用開発不要で簡単に利用可能な検査用治具が欲しい」との声を受けて開発しました。

インライン検査、オフライン検査問わずお使い頂けます。組み立て式で自在にサイズを調整でき、最大1.5mまでの高さのある製造ラインにも対応しています。

 

《Gemini eye for Edge》

 

<4つの特長>

1. 様々なエッジ端末に対応

NVIDIA Jetsonシリーズ、Intel Movidius Myriadに正式対応。

現場のニーズに合わせ、希望の製品にて運用ができます。

2. マルチビュー

複数台のエッジ端末を用いて、1つのPCで同時監視。

台数に制限はなく簡単に拡張できます。

3. 50msの高速判定処理

ハードウェア、ソフトウェアの最適化することで、高速なAI処理を実現しています。

4. 無線通信対応

無線通信対応機能を拡張することで、無線通信での利用が可能に。

検査ライン周りの配線やルータ配置に困ることはありません。

 

 

 

 

《マルチビュー》

Gemini eye for Edgeを用いた検査デモンストレーションを展示しています。

高速処理を維持したまま、複数視点から総合判定する様子をご覧いただけます。

《Gemini eye》

「いつもと違う」を教えてくれる外観検査AIソフトウェア。良品のみを学習し、簡易に外観検査を行うことができます。

 

<3つの特長>

1. 良品のみで学習

良品画像のみで学習が可能。

不良品データの収集に明け暮れることはありません。

2. 少量のデータで学習

自社開発アルゴリズムにより、少量のデータで学習が可能。数個の学習から始められます。

3. 4ステップで簡単導入

素材作成から実運用までわずか4ステップ。AIの専門知識も、多くの工数も必要ありません。

 

《Gemini eye SV》

教えた不良は見逃さない。高速・高精度外観検査AI。

Gemini eye SVは、予め学習した不良を検出する「教師あり学習」ベースの外観検査AIソフトウェアです。

 

<3つの特長>

1. 高速・高精度

2020年最新AIアルゴリズム搭載。

2018年に比べ、メモリ使用量1/8、処理スピード5倍で高精度なAIモデルを作成。

2. 不良の分類

不良は100種類以上学習可能。種類別に判定結果を表示できます。

3. 簡単な設定

設定するパラメータは3つだけ。

お客様の課題に合わせてさらに高度な設定も可能です。

 

《Gemini eye Integration》

Gemini eye Integrationは、教師あり学習と教師なし学習を統合した、外観検査AIソフトウェアの決定版です。

 

<3つの特長>

1. 2つのソリューションを統合

未知の不良を検出する「Gemini eye」、既知の不良を検出する「Gemini eye SV」を統合。多角的でより高確度な判定が可能になります。

2. 未知の不良を検出

良品のみで学習が可能な「Gemini eye」。“いつもと違う”未知の不良を検出します。

3. 既知の不良を検出

学習済みの不良品を検出する「Gemini eye SV」。既知の不良を高精度に検出します。

 

 

【提携先募集】

現在当社では、Gemini eyeの更なる普及のため、以下の提携企業様を募集しております。

提携をご検討頂ける会社のご担当者様は、お問い合わせよりご連絡ください。

・カメラ、照明、検査台等のハードウェアベンダー様

・Gemini eye販売パートナー企業様

・自社製品にGemini eyeを搭載希望の企業様