外観検査AI「Gemini eye」がJetsonシリーズに対応。無線通信で複数ラインのリアルタイム監視が可能に。


Gemini eye for Jetsonを、2020年7月1日(水)より提供開始します。
Gemini eye for Jetsonは、Gemini eyeの拡張ソリューションです。Gemini eyeで作成したAIモデルを利用し、Jetsonシリーズで外観検査を行えます。

 

【背景】
製造現場においては、セキュリティや遅延の観点よりクラウドサービスが利用できないケースが少なくありません。フルスペックPCを利用したAI運用は充分なマシンパワーを保有する一方で、設置スペースやコストの面で課題を抱えています。そのため、リアルタイムに処理を行えるコンパクトで安価なエッジAIソリューションへの期待が高まっています。
また、AIの現場導入が着実に進み、複数ラインの同時検査ニーズが高まっており、AIベンダーには対応が求められています。

 

【製品・サービスの概要】

Gemini eye for Jetsonは、Gemini eyeの拡張ソリューションです。
Gemini eyeで作成したAIモデルを利用し、Jetsonシリーズで外観検査を行えます。
複数ラインを同時監視できるほか、無線通信も利用可能です。

 

<4つの特長>
1.Jetsonシリーズでの動作
現在発売されている全てのJetsonシリーズに対応をしています。※1
現場のニーズに合わせ、希望の製品にて運用ができます。

 

2.複数ラインの監視
複数台のJetson端末を用いて、複数ラインを1つのPCで同時監視できます。
ライン数に制限はなく、簡単に拡張ができます。

 

3.リアルタイム判定
Jetson端末でリアルタイム処理を行い、不良品の判定を行います。
Jetson Nanoでも5fps以上の処理速度を実現しています。※2

 

4.無線通信対応
Jetson端末に無線通信機能を拡張することで、無線での利用が可能になります。
検査ライン周りの配線やルータ配置に困ることはありません。

 

 

※1 2020年6月現在。Jetoson Nano、Xavier NX、AGX Xavier、TX2の各開発者キット、モジュール搭載製品に対応。
※2 1280×720(HD)の動画を用いて、検査対象200×200を処理。

 

操作画面イメージ。監視PCのブラウザを通じJetson端末を操作し、Gemini eyeの運用機能を実現します。
操作画面イメージ。監視PCのブラウザを通じJetson端末を操作し、Gemini eyeの運用機能を実現します。

Jetsonでの検査イメージ。検査ライン数の制限はなく、4ラインを超える同時監視も可能です。
Jetsonでの検査イメージ。検査ライン数の制限はなく、4ラインを超える同時監視も可能です。

システム構成イメージ。複数のJetson端末を繋げて、1つのPCで監視ができます。
システム構成イメージ。複数のJetson端末を繋げて、1つのPCで監視ができます。

 

【提供方法】
Jetson端末のセットアップと利用ライセンスをセットでご提供します。
端末は自社でご用意頂くか、当社が別料金で準備します。
Gemini eye for Jetsonを利用するためには、予めGemini eyeのライセンス契約が必要です。
利用料金の詳細につきましては、Gemini eye紹介HPをご覧ください。

《URL》
https://proscons.co.jp/geminieye/

 

【導入・検討企業】
大手自動車部品メーカー様、大手自動車メーカー様、大手エレクトロニクス商社様、大手水産加工食品メーカー様
、大手菓子食品メーカー様、大手半導体デバイス検査装置メーカー様、大手化学メーカー様、大手住宅建材メーカー様…他
多種多様な業界、企業様に向けて提供をしております。

 

【今後の展望】
教師なし学習手法だけでなく、教師あり学習とのハイブリッドAIを用いる等ソフトウェアの高度化をしていきます。